看護学科(看護師・保健師養成課程)

学科概要

高齢化や医療の高度化が進むにつれ、看護師のニーズがますます高まっています。とくに神奈川県は看護師不足が深刻で、本学の看護学科も地域の医療機関の強い要望に後押しされて設置されました。実習生の受け入れについても地域から全面的な協力をいただいており、学生は大学の近くで安心して実習に臨むことができます。

近年、高度医療に即した看護を提供するための論理的思考力や実践力、チーム医療の中で役割を果たすためのリーダーシップや自己表現力が看護師にも求められています。そのため、本学科も「専門職間連携活動論」や「看護研究」など、連携力や思考力を高めるための科目を用意。ほかに工科大学の強みを活かした「看護のための人間工学」「医療機器と在宅技術㈵・㈼」や、大規模災害時の看護を学ぶ「災害看護学」「災害看護活動論」など、独自の学びが待っています。

在学生の先輩から一言

石井 理英
健康医療科学部 看護学科
2020年3月卒業
勤務先:町田市民病院

在学中の勉強も卒業後の仕事も、看護は大変なことも多いですが、それでも笑顔を大切に、誰からも信頼される看護師になりたい「。小児看護学実習」の経験や、楽しんで看護に向き合う内定先の先輩達を見て、理想とする看護師像を描くことができました。いつでも優しく親身になってくださった先生方の教えを大切に、生まれ育った地元の病院で、地域に恩返しのできる看護師を目指します。