情報工学科

学科概要

情報基盤系、システム構築系、ソフトウェア開発系、知能情報系を軸に、情報化社会で求められるプロフェッショナルを育成します。カリキュラムは情報工学分野の基礎力を徹底的に鍛えることを目的に組まれています。そのため、1 年次から PC の仕組みやプログラミングの初歩を学ぶ専門基礎科目を設定。2 年次以降には、より専門性の高い科目群やユニットプログラム、プロジェクト研究などを用意。 124単位中78単位が選択科目のため、学びたい分野を自由に選択できることが特徴です。

情報学部の拠点は最先端の実験・研究設備を備えた情報学部棟。他にいつでも利用可能なソフトウェア工房など、学生が自身の興味に応じてどんどん学べる環境を整備しています。就職を念頭に、IT 関連の資格取得プログラムも充実。授業に加えて、IT エクステンションセンターによる支援講座も用意しています。

卒業生の先輩から一言

土井 猛
情報学部 情報工学科
2020年3月卒業
神奈川工科大学大学院 進学

他学科では半期でひとつのプログラミング言語を習得しますが、情報工学科では1年かけて学びます。しっかりとしたベースを築けるからこそ、高度な研究に携われるようになります。現在、文字認識の精度を上げるために画像処理を応用した前処理アルゴリズムの研究を行っています。色調と文字の歪みを自動補正する新しい技術を確立させるため、大学院でこの研究を深めていく予定です。