下杉 和季
下杉 和季 Shimosugi Kazuki

凸版印刷株式会社 内定

東京証券取引所第一部上場

大学院応用化学・バイオサイエンス専攻 博士前期課程 2年
(工学部応用化学科 卒業)

富山県立桜井高等学校出身

幅広いバックグランドを有する技術者として 生活を豊かにする製品を生み出したい

長兄の影響で化学系を目指す

3人兄弟の末っ子で、2人の兄が共に大学院に進学をしているため、兄たちの影響をかなり受けました。小学生の頃から理科が好きだったことと、長兄が化学系を学んでいたので、ごく自然に化学系を目指すようになりました。大学進学で富山県から関東圏へ行きたかったのと、スカラシップで学費が抑えられたこともあり、神奈川工科大学応用化学科へ進学しました。

1年次から研究に携わり、論理的思考が身につく

学部1年次に受けた「KAIT Stop the CO2プロジェクト」の授業では、1年次から研究室で研究に携われることができて、とても魅力を感じました。週に2、3回は授業が終わってから遅くまで実験を行うので、大変な面もありましたが、研究を進める中で論理的な思考が自然に身につき、学部や大学院での研究に役立っていると感じています。

様々な専門分野の方と関わり、自身に新たな価値を見出したい

就職活動は、専門を活かせる企業を中心に探しました。凸版印刷は、健康から教育、モビリティ、エネルギ―と事業領域が非常に広いことに魅力を感じ挑戦して、技術系で内定をいただきました。様々な専門分野の方と関わることで、自身に新たな価値を見出し、幅広いバックグランドを有する技術者を目指し、多くの人の生活を豊かにできるような製品づくりに携わりたいと考えています。

Side Story

趣味のロードバイクは大学2年次に自分で購入しました。学生時代は、学業、バイト、趣味を並立できたので社会人になっても今の趣味を続けていきたいです。

Feature

光を当てると色が変わる現象を「フォトクロミズム」といい、着色したり、脱色したり、繰り返し使うことができます。この現象を発現するケイ酸塩に属する物質のメカニズムを研究しています。学部4年次の卒業研究を大学院でも継続中です。

PAGE TOP