「見れば神奈川工科大学がわかる!」What's KAIT

「神奈川工科大学はどんなところ?」そんな受験生の皆さんの疑問にお答えします!
周辺の環境や立地、通学に関する情報や、学内の施設や学びに関するデータを掲載!
これを見れば、神奈川工科大学をまるっとわかる!?

What’s KAIT 01

立地

神奈川県の中心部に位置しています。豊かな自然と利便性が調和した街・厚木市にキャンパスがあります。最寄り駅は、小田急線小田原線「本厚木駅」。新宿や横浜まで1時間圏内に位置します。

施設やキャンパスのイメージ
What’s KAIT 02

通学

本厚木駅から路線バスで約25分。9時30分の授業開始にあわせると、遅くとも9時前には本厚木駅に到着していることが目安です。 1年次から自動車・オートバイ・自転車での通学もできます。260台分の駐車場(年間24,200円)や、オートバイ450台分・自転車1,000台分の駐輪スペース(無料)を用意。様々な通学スタイルが可能です。

実際に学生が通学している都市からのアクセスイメージ

数字で見る「KAITの通学」

Q.通学の所要時間はどれくらい?

中学の所要時間を示す円グラフ
30分未満
39.3%
30分 〜 1時間
10.7%
1時間 〜 1時間30分
22.4%
1時間30分 〜 2時間
17.5%
2時間以上
10.1%
What’s KAIT 03

施設

神奈川工科大学のキャンパスは、4万坪の広大な敷地に29の施設が点在。あらたな施設も次々に建築され、自然災害にも強く安心して過せる環境です。

施設のイラスト

数字で見る「KAITの施設」

広さ

東京ドームのイラスト 東京ドームのイラスト 東京ドームのイラスト

東京ドーム3個分

教室数

74教室

全座席数(教室 + 図書室)

10,110

研究室数

145研究室

1995年(阪神・淡路大震災)以降に建てられた施設

64.5%

2011年 (東日本大震災以降)以降に建てられた施設

17.3%

What’s KAIT 04

学生

全国から学生が集まる大学。北海道から沖縄まで、46都道府県出身の学生が在籍。自宅外通学の学生が全学生の約半数を占めています。
計18か所の大学指定寮があり、食事付きの学生寮や一般相場より比較的安い賃料のアパートを選べることなど、一人暮らし学生への手厚いサポートや、暮らしやすい環境が充実しています。
理工系大学ですが、看護学科や管理栄養学科・応用バイオ科学科など女性の多い学科があり、女子専用フロアや女子シェアハウスといった女子学生のキャンパスライフを快適にする環境を整備しています。

学生が学んでいるイラスト

数字で見る「KAITの人々」

出身地比率を示すフラフ

学生数

4,886

出身地比率

神奈川県
44%
神奈川県以外の1都5県
19%
関東圏以外
37%

全体男女比 (男:女)

全体男女比を示すグラフ

学科別男女比 (男:女)

学科別男女比を示すグラフ

※2021年4月時点のデータです

What’s KAIT 05

就職

充実の就職サポートで満足できるキャリアを実現。本学では毎年、就職先が内定した学生に就職に関するアンケートを実施しており、就職内定先に「満足している」「だいたい満足している」と答えた学生は合計97.3%にも上ります。また、就職内定先への志望順位では、第1志望72.0%、第2志望18.2%と満足度の高い就職を実現。多くの学生が「自己実現しながら社会に貢献できる仕事」に出会えています。

数字で見る「KAITの就職」

求人社数 (学部全体)

14,096

内定先満足度

97.3%

就職率

96.4%

大企業就職率

66.1%

※大手企業:上場・資本金3億円以上または300名以上の企業・医療機関および公務員
※2020年度のデータです