小林 夏純

プライムデリカ株式会社 内定
応用バイオ科学部栄養生命科学科 4年
山梨県立桂高等学校出身

「食」に関わる仕事を通して
笑顔を広め健康も届けたい

栄養の面から食を勉強しようと進学

幼い頃から食べることが大好きで、母と作るようになり「美味しい」と言われると幸せな気持ちになりました。将来は「食」に携わり、多くの人が笑顔になれるような商品開発がしたいと考えるように。母が栄養士だったので「栄養」の面からも勉強しようと決意しました。神奈川工科大学は施設も設備も充実していて最適な環境と感じ進学しました。

企業や病院、実地で学んだ貴重な経験

2年次に事業所で臨地実習をし、課題からメニューを考案しましたが「栄養面はいいけれど選んでもらえない」と指摘を受けました。食べる人の側に立ってメニューづくりができなければいけないと気づきました。3年次の病院の実習で、健康ではない方にいかに食べてもらえるかという視点で考えなければならず、様々なことを学びました。

中食業界に内定。トレンドとなる商品を開発したい

就職活動は食品業界全体から気になる企業を調べていき、最終的にコンビニなどに惣菜を提供する中食業界に焦点を当て、高校で生徒会の副会長をしていた経験や多方面から物事を判断できること、調整能力の高さなどをアピール。中食業界のプライムデリカに内定しました。

商品開発の仕事に就きたいので、測定機器を活用しながら食品物性を研究している研究室に所属し、「人参を用いた混合型モデル粥の力学的特性と食べやすさの評価」という卒業研究に挑んでいます。
お菓子を作ることが大好きです。自宅で行ったハロウィンパーティーでパンプキンパイを焼きました。