諏訪赤十字病院/医療技術部
第一臨床工学技術課
  小金澤 夏輝 長野県 佐久長聖高等学校出身
健康医療科学部臨床工学科
2020年3月卒業

医療機器が扱える医療従事者として やりがいを感じて働いています

神奈川工科大学を選んだ理由

看護師をしている母からの勧めで、高校生の頃から臨床工学技士になろうと決めていました。そのための進学先を探す中で、神奈川工科大学を知り、医学と工学のどちらの分野も深く学ぶことができると感じて進学を決めました。きれいで充実した施設があること、他大学に比べて学費を抑えられること、また、2期生という新しさにも魅力を感じました。

大学時代

取得すべき単位数が他学科に比べて多く、資格試験や国家試験もあるので大変でした。それを乗り越えられたのは、励まし合える友達がいたからで、彼らと一緒にいたから勉強にもしっかり取り組めました。一緒に学んだ仲間は、今も頻繁に連絡をとっており、仕事の悩みも話せる心強い存在です。また、在学中、先生の勧めで何度も臨床工学技士の学会に参加できたことは、自分にとって少し先の未来、就職後の仕事を理解しイメージする上で大きなプラスになりました。

現在の仕事

総合病院で、医療機器の管理や、透析業務、集中治療業務を担当しており、手術に立ち会うこともあります。その中で、患者さんに人工呼吸器をつけたり、医療機器のトラブルに対応したりという、臨床工学技士ならではの仕事で感謝されたときに、とても嬉しくやりがいを感じます。まだ2年目ということもあり、先輩の状況判断力の高さや幅広い知識に接するたびに、自分もそうなりたいと思います。勉強と経験を重ねて、いろいろな視点から患者さんを助ける力になりたいです。

高校生への

自由や選択肢が増える大学生活では、周りに流されず自分のためになる選択をすることが大切だと実感しています。また、臨床工学技士は、一緒に働く医療スタッフと意見やお互いの力を出し合って患者さんを救う仕事なので、信頼関係を築くことが何より大切です。人と人との関りを大切にして、思いやりのある医療従事者をめざしてください。