東日本旅客鉄道株式会社 横浜支社/
横浜信号通信技術センター 情報通信保全科
  黒田 万由 山形県立山形北高等学校出身
情報ネットワーク・コミュニケーション学科
2018年3月卒業

学科での学びが私の強み 列車の運行を情報通信分野で支えています

神奈川工科大学を選んだ理由

パソコンは子供の頃から自宅にあり身近な存在でした。大学選びの決め手は、高校の先輩が神奈川工科大学に進学していたことと、「就職に強い大学」という記事で大学名を目にしたことです。情報系の分野で、プログラムやコンピュータを“どのように使うか”を学びたいと思い、情報ネットワーク・コミニケーション学科を選びました。

大学時代

入学当初は女子学生の少なさに驚きましたが、男女関わらず同じ分野を学ぶ仲間ができ、充実した4年間を過ごすことができました。大学での学びは仕事でも目にすることが多く、知識やスキルが私の強みになっています。卒業研究では「セキュア・バリアフリー研究室」で、肢体不自由者向けのパスワード入力方式について取り組みました。小学生の頃に観ていたドラマで知った「セキュリティ」への興味がここに繋がりました。

現在の仕事

列車の安全で安定した運行のために、通信設備の保守・保全や工事の監督をしています。ときには列車無線の基地局でメンテナンスをしたり、駅で通信機器の修理にあたることもあります。南武線・稲田堤駅の橋上駅舎化工事では、情報通信設備の工事監督をしており、建築や機械など社内の別部門と連携しながら、施工会社の工事の調整などをしています。大規模プロジェクトなので、仮の駅舎ができ動きだしたときには大きな達成感がありました。

高校生への

大学選びでは「就職率の良さ」も参考にするといいです。大学のその先の未来、どういう社会人になりたいか何をしたいかまでを考えて、分野や学科を選べば、卒業後の自分にとってプラスになることがたくさんあると思います。就職のことまで考えられないというときには、今自分がやりたいことを1つ決めて取り組んでみてください。