先輩たちのキャリアストーリー

Message & Advice

2018年3月卒業予定学生のストーリーです。

渡辺 優太

ソフトバンク株式会社 内定

東京証券取引所第一部上場

情報学部情報工学科 4年
福島県立郡山北工業高等学校出身

情報革命で人々を幸せに
ソフトバンクで実行したい

独学で学び、情報系学科に進学

 小学校高学年からパソコンに興味をもち、高校では独学でモバイルアプリ開発を中心に勉強しました。大学では、情報技術を学びたかったので神奈川工科大学のオープンキャンパスに参加をしたところ、施設が充実していて活気もあり、多種多様なことが学べると感じて情報工学科に進学をしました。

将来の目標が見えたプロジェクト活動

 1年次から3年次まで学生が自主的な活動を行えるソフトウェア工房のプロジェクト活動に参加。「RMSプロジェクト」という履修管理システムの開発に携わったり、ETロボコンなどさまざまなプロジェクトに参加しました。活動の中で「Pepper」と出会い、Pepperのアプリ開発に挑戦したことで、将来性を感じ、ロボットのアプリ開発に携わりたいと思いました。

エンジニアとして「人々の幸せ」に携わりたい

 3年次にソフトバンクのインターンシップに参加し、Pepperのアプリ開発など、有意義な経験をさせていただきました。インターンシップを経て、会社に将来性を感じて挑戦し、内定をいただきました。実行力のある人間に成長し、経営理念である「情報革命で人々を幸せに」を実行していけるように頑張ります。

PAGE TOP