女子学生向け施設紹介

KAIT ERIM(女子シェアハウス)

女子学生向けシェアハウス(教育研究連携モデル生活棟)です。大学敷地内にあるので、安心して過ごせます。ハウス内は8個のユニット(個室・共用シャワールーム・トイレ)に分かれており、1ユニットは6名で編成されます。

このシェアハウスには教育寮の要素もあるため、各ユニットは上級生、下級生混在で編成されます。ハウスでの生活を通じて、普段あまり関わることのない他学科の友達や上級生との共同生活で、視野が広がり、学科の先輩に履修のことなどじっくり相談することもできます。また、ユニットリーダー、フロアリーダー、リーダーなどの役職を設け、生活を通して、協調性、自主性、コミュニケーション力などを培う“場”となっています。

女子学生向けシェアハウスKAIT ERIM で送る楽しい共同生活

渡邊 久葉 自動車システム開発工学科 2年
栃木県立宇都宮工業高等学校出身

KAIT ERIM は大学構内にある女子学生専用のシェアハウス。セキュリティも厳重で安心して生活できる環境です。授業のある月曜日から土曜日まで栄養バランスのとれた朝夕食が提供され、生活リズムが崩れません。授業に遅刻する心配もなく、また、帰宅時間を気にせずに課外活動に打ち込めるのもうれしい点です。グループでの食事や団らん、学習ができるスペースもあり、他学科の友人もできて楽しい共同生活を送っています。

女子学生専用フロア

学生会館KAIT HALLの3階にある「女子専用フロア」は、「クラブ活動や運動をするときに便利!」と、人気の施設です。教科書や実験に使う白衣、体操着などを管理できる個人ロッカーをはじめ、汗を流せるシャワールームやメイク直しに便利な3面鏡を備えたパウダーコーナーなど女子にうれしい施設が充実。さらに、リフレッシュルームには簡易ベットとリクライニングシートが設置された別室があり、そこで疲れを癒すこともできます。研究や授業の合間に友人たちと気兼ねなく過ごすことができるスペースです。