先輩たちのキャリアストーリー

Message & Advice

2019年3月卒業予定学生のストーリーです。

PROFILE

白井 健太郎

日本電産エレシス株式会社 内定

創造工学部ロボット・メカトロニクス学科 4年

神奈川県立生田東高等学校出身

白井 健太郎

技術開発職として
世の中の役に立つ仕事をしたい

  • ロボット開発を目指す学科へ進学

    幼い頃からものづくりが好きだったこともあり、機械系メーカーで働きたいと考えるようになりました。機械系の大学を探す中で、神奈川工科大学にロボット関連の学科があると知り、オープンキャンパスに参加しました。施設が充実しており、キャンパスが広くてきれいな点も印象に残って、ロボット・メカトロニクス学科に進学しました。

  • 対象を認識し一定の場所へ運ぶ「お掃除ロボット」に挑戦中

    卒業研究は、ユニット学習プログラムの頃からお世話になっている先生の研究室で、「お掃除ロボット」の製作に取り組んでいます。今まで学んできた画像認識で、「本」を認識させ、一定の場所へ持っていけるようなプログラムにしています。整理整頓の作業ができれば、本以外のものも片づけることが可能なお掃除ロボットになるはずです。

  • 車両用エレクトロニクス技術のメーカーで貢献したい

    興味をもった企業のインターンシップに参加するスタイルの就職活動でした。その中でも、特に深く印象に残った自動運転技術等、車両用のエレクトロニクス技術の開発をしている日本電産エレシスに技術開発職として内定しました。自動運転システムの完全実現化に向けて、少しでも貢献し、世の中の役に立つ仕事をしていきたいと考えています。

SIDE STORY

4年次の夏にWRO(ARC部門)ジャパンで優勝し、日本代表チームとしてタイの国際大会への出場が決まった時の様子です。

FEATURE

2年次、3年次の「ロボット開発設計ユニット」は、実験形式でロボットキットを利用し、高度な制御をするプログラムを作成。完成したロボットはWROのアドバンスド・ロボティクス・チャレンジに研究室として出場し、優勝しました。

PAGE TOP