先輩たちのキャリアストーリー

Message & Advice

2018年3月卒業予定学生のストーリーです。

宮嵜 裕一朗

日本精機株式会社 内定

東京証券取引所第二部上場

創造工学部ロボット・メカトロニクス学科 4年
神奈川県立城山高等学校出身

きっかけはアニメのロボット
計器メーカーで新技術の開発にチャレンジ!

大学でロボット技術と人間特性を学ぶ

 中高時代に好きだったガンダムがきっかけで、ロボットのすごさに惹かれ、ロボット関係の仕事に就きたいと思い、ロボット分野が学べる大学を選択しました。ロボット・メカトロニクス学科は、人間特性関連の授業もあり、「人間中心設計」の基本を学ぶことができました。

設計の授業+自動車通学=自動車関連の仕事を希望

 2年次の後期に学んだ「3DCAD」の授業がとても興味深かったです。設計図がスムーズに描けるようになって、カタチになる面白さを知りました。苦労を重ね、パソコン上にできあがったものを見ると、とても感動します。また、自動車通学を始めてから、活動範囲が広がり乗る楽しさを知って、将来は自動車関連の職に就きたいと思うようになりました。

企業の優れた技術に惹かれて挑戦

 自動車業界で設計職につけるような企業を中心に就職活動を進めました。大学で開催された合同企業説明会で計器メーカーの日本精機が、ディスプレイ技術など、最先端の技術を誇る企業と知り、挑戦したところ、内定をいただけたのでとても嬉しかったです。新しい技術を開発していきたいので、技術開発職を希望しています。

PAGE TOP