先輩たちのキャリアストーリー

Message & Advice

2018年3月卒業予定学生のストーリーです。

羽生田 聡

ANAエアポートサービス株式会社 内定

創造工学部自動車システム開発工学科 4年
長野県須坂園芸高等学校出身

「乗り物好き」が空港での仕事につながる
安全な飛行機を飛ばしたい

幼少期から乗り物が大好き

 実家が土木業を営んでいたので、ダンプカーやショベルカーなどが身近にあり、作業車両や乗り物が大好きで、車や飛行機に関わる仕事に就きたいと思っていました。乗り物が好きという思いがベースにあり、大学では自動車を学ぼうと自動車システム開発工学科に進学しました。

クルマを創る授業で設計力がアップ

 3年次の「自動車開発プロジェクト」は、7~8人のチームで新しいモビリティのクルマを1台創り上げる授業で、レーシングコンセプトカーを製作しました。プロジェクトとして取り組むようになり、単に設計開発を行うだけでなく、ユーザーの視点と、作り手の視点に立って設計を考えるようになり、かなり視野も広がって、スキルアップができたように思います。

空港で地上支援業務に取り組む

 就職活動では、乗り物や交通関係の企業を中心に幅広く検討。ANAエアポートサービスの「グランドハンドリング(地上支援業務)」として内定をいただきました。大好きな乗り物の一つである飛行機に関わる仕事が今から楽しみです。空港の現場で働くことに誇りをもち、自分のコミュニケーションスキルや行動力を活かし、安全な飛行機を飛ばしたいです。

PAGE TOP