先輩たちのキャリアストーリー

Message & Advice

2018年3月卒業予定学生のストーリーです。

山口 彩夏

本田技研工業株式会社 内定

東京証券取引所第一部上場
大阪証券取引所第一部上場

工学部機械工学科 4年 群馬県立沼田女子高等学校出身

大好きな「ものづくり」をホンダで実現
既成概念を覆すクルマを創りたい!

高校の先生の一言でエンジニアをめざす

 幼少期からものづくりが好きで、大きなものを作る仕事に憧れを抱いていた高校時代に担任の先生から「工学部が向いている」と言われました。その一言で「ものを作る仕事に挑戦してみよう」と決意。オープンキャンパスで学科を見学した結果、工学部に進学するのなら、「クルマを創るエンジニアになりたい」と思い、機械工学全般を学べる機械工学科に進学しました。

頭の中でプロセスを描きながらの設計で力がつく

 3年次の「機械設計製図ユニット」の授業は、課題が与えられ、安全率や耐久性などの仕様を自分で計算して、図面を起こしました。頭でプロセスを描いて、計算をして設計しなければならないので、とても大変でしたが、非常に力がつきました。実践的な内容で、将来に役に立つ授業でした。

メーカーのエンジニアになる、という強い思い

 「メーカーのエンジニアになる」と決め、3年次に2週間本田技研工業のインターンシップに参加しました。企業の方達の前向きにチャレンジする姿勢に惹かれ、「ホンダに入りたい!」と思ったので、内定をいただいたときは、本当に嬉しかったです。将来は内装の開発に携わって、たくさんの人達にワクワクしてもらえる、既成概念を覆すようなクルマを創ってみたいです。

PAGE TOP