先輩たちのキャリアストーリー MESSAGE&ADVICE

神奈川工科大学

先輩たちのキャリアストーリー MESSAGE&ADVICE

2017年3月卒業予定学生のストーリーです。

神奈川工科大学

横山 友香

株式会社ボルテージ 内定

東京証券取引所第一部上場

情報学部情報メディア学科 4年

山形県立長井高等学校出身

ゲームクリエイター特訓の授業から、やりたいことが明確になる

メディア系の勉強をするために進学

 ゲームもピアノも好きでコンピュータミュージックに惹かれ、高校時代に「プロジェクションマッピング」を見て映像分野にも興味をもちました。メディア系の勉強をしたいと思い、基礎分野をひと通りしっかり学んでから専門を絞れる神奈川工科大学の情報メディア学科に進学しました。

授業でチーム制作の楽しさ、達成感を知る

 「ゲームクリエイター特訓」は入学前から受けたかった授業。2年次にプログラムコースを受け、ゲーム開発のノウハウを学んだことは、非常に新鮮でした。2年次後半から3年次前半まで特訓授業において、チームでゲームを制作し、東京ゲームショウに出展しました。企画を考えたり形にするのは大変でしたが、完成したときの達成感は大きかったです。

ゲーム開発に関われるように成長したい

 就職活動は、Web出版やIT企業など、興味を感じた企業を幅広く調べ、モバイルコンテンツ制作会社のボルテージからエンジニア系で内定をいただきました。面接ではゲームクリエイター特訓で、チームでの制作経験があることや海外研修に参加したことを伝えました。将来、多くの人に私が開発したゲームをプレイしてもらえるよう頑張って成長していきたいです。

3年次に春休みを利用して1ヵ月の情報メディア研修に参加。アメリカのデジペン工科大学でゲームデザインを学びました。

「振動を利用して触れるAR(拡張現実)の検証」を研究中です。画面に触れた際、振動を利用して実際に触ったような感覚を与えるプログラムを作り、ゲームや観光案内に活用できるように取り組んでいます。
戻る
一覧に戻る
次へ