先輩たちのキャリアストーリー MESSAGE&ADVICE

神奈川工科大学

先輩たちのキャリアストーリー MESSAGE&ADVICE

2017年3月卒業予定学生のストーリーです。

神奈川工科大学

石川 諒

株式会社サイバーエージェント 内定

東京証券取引所第一部上場

大学院情報工学専攻博士前期課程 2年
(情報学部情報ネットワーク・コミュニケーション学科卒業)

神奈川県立小田原総合ビジネス高等学校出身

大学で学ぶ中で将来が決まった。ネイティブアプリエンジニアとして踏み出す

高校でソフトウェアエンジニアをめざす

 高校では情報コースを専攻。当時からプログラミングやパソコンの仕組みなどに興味をもち、将来はソフトウェアエンジニアになりたいと考えていました。神奈川工科大学のオープンキャンパスに参加し、設備が整っている環境や自宅から通えることなどから情報ネットワーク・コミュニケーション学科に進学を決めました。

勉強が足りないと感じ大学院へ進学

 仮想化の技術という先進技術を習得でき、iOSアプリ開発のプロジェクトもある研究室に所属。3年次にIT企業のサイバーエージェントのインターンシップに参加しました。与えられたテーマでプログラミングを行って優秀者を決めるという内容で、この結果からまだまだ勉強が足りないと感じたので大学院へ進学しました。

エンジニアとして成長し続けたい

 インターンシップに参加したサイバーエージェントにネイティブアプリケーションエンジニアとして内定。IT企業で最も成長できる環境が整っている点や最新技術を取り入れサービスレベルで運用する企業姿勢に魅力を感じました。アプリケーション開発の力を極めた後、インフラ関連能力を習得し、理論から設計、実践まで総合的に理解できるエンジニアをめざします。

※ネイティブアプリケーションエンジニア:スマートフォン向けアプリを開発するエンジニア。

学部時代にAndroid用アプリを開発し、市場に提供。レビューを読んで誰かの役に立っていることが嬉しかったです。

研究テーマは学部も大学院も「生産物流の効率化」です。大学院ではドローンのカメラ機能を利用して工場内の在庫管理や棚卸を自動化しようという研究に取り組み、物流系学会で何度も発表しました。
戻る
一覧に戻る
次へ