先輩たちのキャリアストーリー MESSAGE&ADVICE

神奈川工科大学

先輩たちのキャリアストーリー MESSAGE&ADVICE

2017年3月卒業予定学生のストーリーです。

神奈川工科大学

佐野 史和

富士通株式会社 内定

東京証券取引所第一部上場
大阪証券取引所第一部上場
名古屋証券取引所第一部上場

情報学部情報ネットワーク・コミュニケーション学科 4年

福島県立二本松工業高等学校出身

サイバー攻撃に頑健なシステムを構築し、社会に役立ちたい

ネットワーク・情報セキュリティを学ぶため進学

 高校では、コンピュータのハードウェアとソフトウェアについて学んでいたので、将来はシステム開発の仕事に就きたいと考えていました。また、情報セキュリティに興味があり、神奈川工科大学のオープンキャンパスに参加した際に、情報学部棟は設備が整っていて、やりたいことができると感じたので、情報ネットワーク・コミュニケーション学科に進学しました。

多様化した構成により、可用性の高いサーバシステムを開発中

 3年次の後期から、セキュリティに関する技術開発とその評価を行える研究室に所属し、ネットワーク関連に携わりたいと考えるようになりました。企業のサーバでは、フォールトトレラントシステムが主流で、地震などに対する障害対策を行っていますが、サイバー攻撃は想定していません。そこで、バックアップのサーバ構成を多様化することで、従来とは異なるシステムを構築中です。夢中になって研究に取り組んでいます。

ソフトウェア・ハードウェア開発をしたい

 就職活動は業種を限定せず、幅広く企業研究を行い、トータルソリューションビジネスを展開している富士通から内定をいただきました。規模が大きいので、いろいろな仕事に携われると思います。市場で事実上の標準となるような技術・製品の開発にぜひ携わってみたいです。

※フォールトトレラントシステム:システムを構成する一部が故障してもシステム全体として障害を起こさないコンピュータシステム。

イギリスで行われた学会「KESインターナショナル」で発表した時にいただいた、記念品のファイル、ネックフォルダーです。

3年次に、企業の困りごとを学生が解決する「産学チャレンジプログラム」に参加。ガス給湯器の使い道を考えていた企業とやり取りをしながらオゾンを使った製品を提案し、最優秀賞を受賞しました。
戻る
一覧に戻る
次へ