先輩たちのキャリアストーリー MESSAGE&ADVICE

神奈川工科大学

先輩たちのキャリアストーリー MESSAGE&ADVICE

2017年3月卒業予定学生のストーリーです。

神奈川工科大学

齋藤 美友

社会医療法人社団 新都市医療研究会
[関越会] 関越病院 内定

 

応用バイオ科学部栄養生命科学科 4年

山形県立山形北高等学校出身

小学生の時に決めた社会貢献できる仕事。管理栄養士をベースに活動したい

マザー・テレサに感動。人の役に立ちたい

 小学生の時にマザー・テレサの伝記を読んでとても感動し、何か人の役に立つことをしたいと思いました。薬品や治療などで症状が改善されても同じことを繰り返してしまうので、食育を通して人々の知識を増やす「食」の面から支援をしていきたいと考えるようになりました。

臨地実習を経験し病院勤務を希望

 病院実習で、栄養指導や食事の提案から提供までを実際に経験し「食べることが生きること」に繋がっているのだと改めて感じました。またNST※1としてチームで医療に携わりたいとも考えるようになりました。

 今後JICA※2をめざしており、JICAでの活動は主に病院や保健所が多いので、経験を積むためにも病院が良いと思い、就職活動は病院に絞りました。

一人ひとりに合った食事を提案し提供したい

 病院給食には「直営」と「委託」の2通りありますが、私は直営にこだわりました。入院患者さんの話を聞きながら、患者さん一人ひとりに合った食事を提案し、提供したいと考えているからです。将来、栄養教諭として、食育や給食を通して子どもたちに「食」の大切さを伝えていきたいと思っています。

※1 NST(Nutrition Support Team):入院患者さんに最適な栄養療法を提供するため、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、言語聴覚士などで構成された医療 チームのこと。

※2 JICA(Japan International Cooperation Agency)/国際協力機構:開発途上国の支援や政府開発援助(ODA)などを行う機関のこと。

1年次にアメリカでの海外バイオ研修に参加。外出好きのホストファミリーに、色々なところに連れて行ってもらいました。

対象者に合った栄養・保健指導に役立てられるように、臨床栄養の研究室で「中高年に対応した腕時計型ストレス・カロリー計の糖度の検討」を行っています。
戻る
一覧に戻る
次へ