先輩たちのキャリアストーリー MESSAGE&ADVICE

神奈川工科大学

先輩たちのキャリアストーリー MESSAGE&ADVICE

2017年3月卒業予定学生のストーリーです。

神奈川工科大学

村上 夏陽

日本製粉株式会社 内定

東京証券取引所第一部上場
大阪証券取引所第一部上場
札幌証券取引所上場

応用バイオ科学部栄養生命科学科 4年

神奈川県立秦野高等学校出身

食べることが好き!これが原点。商品開発の面から社会貢献したい

栄養面のプロをめざそうと決意

 食べることが好きで食関連の仕事に就こうと思いましたが、中学生のときは進路が具体化しませんでした。高校で管理栄養士の職種を知り、栄養面のプロになろうと決意しました。神奈川工科大学のオープンキャンパスに参加し、施設が充実していることや、スカラシップ制度があること、家から通学できることが決め手となって進学しました。

学びの中から「商品開発」をめざす

 学んでいくうちに、この組み合わせは相性が良さそうとか、これをプラスすると栄養面が良くなるのではと考えるようになりました。また、休日に学科の友人と食事に行き、メニューや食材、見た目などについて話すこともあります。このような学びや経験などから、食関連の仕事という漠然としたものから「商品開発をしたい」と考えるようになりました。

開発が実現できる企業に内定

 学科には「+α資格取得プロジェクト」という産学官連携授業があり、この連携企業である日本製粉では、入社時から商品開発に携われると知り、志望しました。安全・安心はもちろん、美味しくて、食の楽しみを伝えられる商品を作り、食生活を豊かにできる管理栄養士になりたいです。

一人でも行くほどディズニーランドが大好きです。フロリダのディズニーランドにも一人で行きました。

食品機能学の研究室で、高脂肪・高ショ糖を与えたマウスに、パクチーを混ぜた餌を与えたのとそうでないのを解剖して内臓にどう違いが出るか、パクチーが脂肪の代謝経路に影響するか否かを研究中です。
戻る
一覧に戻る
次へ