先輩たちのキャリアストーリー MESSAGE&ADVICE

神奈川工科大学

先輩たちのキャリアストーリー MESSAGE&ADVICE

2017年3月卒業予定学生のストーリーです。

神奈川工科大学

山下 直也

リコーソリューションズ東静岡株式会社 内定

 

応用バイオ科学部応用バイオ科学科 4年

静岡県立韮山高等学校出身

様々な出身地の友人と出会い、地元に貢献しようと決意

新しい分野を学び、視野が広がる

 理系全般を幅広く学べ、スカラシップ制度があり、自宅から通える大学だった神奈川工科大学の応用バイオ科学科へ進学。新しい分野について興味や関心を深めながら学べました。また、スカラシップ制度が適用になったので成績上位を継続して授業料減免を4年間受けました。

地元の素晴らしさを再認識

 大学で様々な地域から来ている友人たちと話をして、自分の住んでいる地域を振り返り、地元の素晴らしさに気づきました。そして将来、どのような形であれ地元に貢献できる仕事に就きたいと思うようになりました。また、就職活動などで自己分析を行い、人と関わることに興味をもち、その部分を仕事にも活かしたいと考えるようになりました。

Uターン就職し、地元を活性化したい

 高校は理数科、大学では教職課程を履修しており、就職活動は理化学系と教育系をキーワードに、食品業界と理化学系商社に絞ってUターンを第一に考えました。リコーソリューションズ東静岡はOAの総合商社で、ICT教育や理化学系機器などにも力を入れているので、「教育関係、理科関係の商材で地元を活性化したい」と伝え、内定をいただきました。

※ICT:IT(情報技術)のほぼ同義語。特に総務省をはじめとする行政機関や公共事業分野で使われている。

高校時代は陸上部の長距離ブロックに所属。その頃から使っているシューズを履き、今でも毎日5㎞ぐらい走っています。

お茶や野菜にも含有しているピロロキノリンキノン(PQQ)は、記憶力に影響していると予測。脳の海馬の物質を調べ、PQQがうつ病やアルツハイマー予防に効果があることを卒業研究で証明しようとしています。
戻る
一覧に戻る
次へ