先輩たちのキャリアストーリー MESSAGE&ADVICE

神奈川工科大学

先輩たちのキャリアストーリー MESSAGE&ADVICE

2017年3月卒業予定学生のストーリーです。

神奈川工科大学

和田 勇介

ホーチキ株式会社 内定

東京証券取引所第一部上場

創造工学部ロボット・メカトロニクス学科 4年

山梨県立都留高等学校出身

「ユニバーサルデザイン」という視点が、考え方や進路に大きく影響した

理数系が好きで、高校の先生に勧められて進学

 中学・高校時代は、就きたい仕事について具体的にイメージしていませんでしたが、理数系が好きだったことから、高校の先生に神奈川工科大学を勧められ、ロボット・メカトロニクス学科へ進学しました。

印象に残っているユニバーサルデザインの授業

 1年次からユニバーサルデザインの視点でデザイン(設計)を学んでいく中で、人の役に立つ仕事に就きたいと考えるようになりました。また、3年次の外部講師を招いたオムニバス形式の「ユニバーサルデザイン」の授業は非常に印象に残っています。特に印象に残った出版会社の方の講義では、色弱の方に配慮して見やすい色の配置や明確な色を使っていることなど、多くの配慮をしていることを知りました。

防災メーカーで社会貢献がしたい

 就職活動でも軸にあったのは「ユニバーサルデザイン」。社会貢献できる仕事に就こうと探していたところ、キャリア就職課から防災メーカーのホーチキがユニバーサルデザインに精通していると聞き、志望。総合職で内定をいただきました。大学では基礎設計を学びましたが、CADを独学で勉強し、いずれ自分で企画した製品を提供できるようになりたいです。

同じ研究室の友人と、通学で乗っている400CCのバイクで、大学から近い宮ケ瀬にツーリングに行くこともあります。

「指点字における打点教示インターフェイスに関する研究」を先輩から引き継ぎました。音声入力すると、タブレット上に打点され、障がいのある人との会話がスムーズにできるよう工夫しています。
戻る
一覧に戻る
次へ