十文字 綾太

セーラー万年筆株式会社 ロボット機器事業部 内定
東京証券取引所第二部上場
創造工学部ロボット・メカトロニクス学科 4年
青森県 八戸工業大学第二高等学校出身

「ものづくり大好き!」が高じて
ロボット製作への道を一直線

大震災を機に人の役に立つ技術職をめざす

高校2年に東日本大震災が起き、テレビで災害救助ロボットの特集を見て、幼い頃からものづくりが好きだったので、技術職に就いてこのようなロボット開発に携わっていきたいと考えました。ロボット技術を学べる大学を探して、ロボット・メカトロニクス学科に進学しました。

ロボット製作に打ち込んだ大学生活

印象的な授業は「ロボット開発設計ユニット」。2年次と3年次の2年がかりで「ライントレースロボット」を2人で製作しました。私はハード部分を担当し、基盤を作って部品のはんだ付けを行いましたが、この作業で回路の組み方なども変わってしまうので、自分で調べながら猛勉強をしました。とても苦労した分、達成感が大きかったです。

ロボットへの思いを貫いた就職活動

当初、就職活動は電子部品製造系企業を中心に行いましたが、やはり「ロボットに関係する仕事がしたい!」と思って調べたところ、セーラー万年筆のロボット機器事業部を知って挑戦。学んできた知識やロボット製作への思いなどをアピールし内定しました。今後は産業用ロボットについての知識を身につけ、一人前の技術者をめざしたいです。

学科有志で結成したKORP(神奈川工科大学オリジナルロボット製作プロジェクト)に2年次から入り、KAIT工房を利用してロボット製作に励みました。4年次にクモ型ロボットを製作しました。
小学生の頃からプラモデル作りを続けています。塗装にもこだわって完成させています。