情報メディア学科

学科概要

CG、アニメーション、ゲーム、音楽など、コンピュータを使った表現世界の可能性は広がる一方です。その現場で求められるのは、アーティスティックなセンスのみならず、コンピュータ技術を自在に操り、IT ならではの可能性を追求できる人材です。

本学科は工科大学の特性を活かし、低学年次に数学系などの基礎やプログラミング技術を重点的に教育。その上で CG、ゲーム、キャラクタ、映像処理など各自の希望に沿ったメディア分野を選択することができます。学生はコース選択後も自由に他分野の科目を履修でき、自身の視野や知識を広げることが可能です。4 年間の学びを経て、育成するのは「工学的基礎を武器に活躍できるクリエータ」と「クリエイティブセンスがある IT エンジニア」の両方を兼ね備えた人材。CG 分野の先進国である米国での海外研修や、ゲームショウでの展示、キャラクタマガジンでの作品発表の場も用意しています。

卒業生の先輩から一言

長野 幸
情報学部 情報メディア学科
2020年3月卒業
勤務先:(株)HOT ZIPANG

3年次の専門ユニットの授業で、短編映画を制作。その達成感が映像業界に進もうという決意につながりました。卒業制作ではスマホでの視聴を想定した縦型のミュージックビデオを制作し、縦型動画の特性やアンケート調査結果を論文として発表。「映像作品が好き」という興味からのスタートでしたが、先生方の丁寧な指導のおかげで、知識と技術を習得し、夢への道を踏み出すことができました。