情報ネットワーク・コミュニケーション学科

学科概要

現在、コンピュータ同士をつなぐ情報ネットワーク技術は、ホームページや電子メールだけでなく、医療や金融、交通、電力、教育など、あらゆる産業に不可欠なものとなっています。そして、クラウドコンピューティング時代の到来を受け、その可能性はさらなる広がりを見せています。本学科ではネットワーク上での人、社会、システムの相互間のコミュニケーションに関する研究を行い、コンピュータとネットワークの両方の技術を身につけた、今一番社会が求めているエンジニアを育成します。

卒業生の先輩から一言

栗原 亮
大学院工学研究科情報工学専攻博士前期課程
2010年3月修了
勤務先:NTTアドバンステクノロジ株式会社

映像や人間の視覚に関する学びが印象的で、バーチャル空間の研究に没頭しました。特待生に選ばれたこともあり、大学院へ進学しCAVEを使って視覚誘導運動効果の研究をしました。大学院ではTA(ティーチング・アシスタント)になり、担当の先生以外の先生とも親しくなって、企業経験の話を伺うことも。また後輩へ助言することも多く、年代を越えて人脈が広がり、コミュニケーション力が養われ、入社後につながる良い経験でした。