臨床工学科

学科概要

今日の高度な医療機器を適切に運用、操作するためには、医療に関する専門知識や技術のみならず、工学的専門知識や思考法をしっかりと身につけていることが強く求められています。臨床工学科では、確かな技術を医療で活用できる臨床工学技士の養成をめざします。

教員メッセージ

工学部臨床工学科
鈴木 聡 教授

臨床工学技士とは
臨床工学技士は医療系の国家資格であり、高度化・専門化する医療機器の専門職として医療施設などで活躍しています。取り扱う医療機器の中でも特に中心となる生命維持管理装置には、人工呼吸器・人工心肺装置・透析装置などがあり、様々な治療業務にあたっています。手術・集中治療・血液浄化・心血管カテーテル・医療機器管理など様々な部門において、直接的または間接的に患者さんに貢献しています。また、医療機器の保守・点検や、安全で有効に使われるよう他の医療スタッフへの教育という、医療機器に関わる管理業務も重要な仕事であり、医療技術の進歩と共に、今後ますます活躍の場が拡大していきます。従って相応の技術と知識を身につけることが求められます。