応用化学科

学科概要

応用化学は、環境保全はもちろん、限りある資源の有効活用、医療、生物工学、エネルギーなどさまざまな分野に大きく関わる学問です。本学科は、化学実験の科目を多く設 置しているのが特徴です。化学に興味を持ち、基本、そしてさまざまな応用分野での化学実験を行いながら、化学の知識と技術を身につけていきたい学生に適した学科です。

卒業生の先輩から一言

能元 和
工学部 応用化学科
2018年3月卒業
勤務先:日本瓦斯㈱

応用化学科には「実験デザイン」という授業があります。この授業ではテーマのみが与えられ、自分たちで導き出したプロセスに沿って実験を行っていきます。1年次はひとつの手法を考えることで精一杯。しかし、2年次になると複数の手法から導いた結果を総合的に判断して、より精度を上げて実験することができました。この時の経験は、卒業研究においてとても役に立ちましたし、この先社会に出てからも存分に発揮していきたいと思います。