寺崎 陽
寺崎 陽 Terasaki Akira

日本コムシス株式会社 内定

情報学部情報ネットワーク・コミュニケーション学科 4年

神奈川県立神奈川総合産業高等学校出身

学んできたネットワークやIT技術で 社会インフラを構築し、人の役に立ちたい

社会基盤としての情報ネットワーク技術を専門に学びたい

高校の総合産業科では情報系の授業もあり、パソコンに馴染んでおり、さらに、パソコンの自作も行いました。社会基盤である情報ネットワークは、今後もますます発展していく分野なので、ネットワーク技術や応用技術をきちんと学びたいと思い、情報ネットワーク・コミュニケーション学科に進学しました。

トラブルシューティングを通して、論理的な思考が身につく

1年次からの「ユニットプログラム」や3年次の「ネットワークルーティング」などの授業で得た知識を使って、家族や友人のネットワーク関係のトラブルシューティングができるまでになりました。問題を論理的、体系的に探っていくために、物事を論理的に深く考えられるようになり、その思考は、生活面でも活かしています。

ネットワーク技術をさらに勉強し、仕事に活かしていきたい

大学の「合同企業説明会」で知った通信建設業界の日本コムシスは、さまざまな社会インフラを構築しており、その事業内容に強く惹かれ、仕事を通じて、社会インフラで人の役に立ちたいと考えて挑戦。技術系で内定をいただきました。大学で学んだネットワーク技術やIT技術をさらに幅広く勉強し続け、仕事に励みたいです。

Side Story

大学入学後に自分専用のノートパソコンを購入しました。授業や研究など、今でも使い続けています。引き続き大切に使っていきたいです。

Feature

「IoT機器のセキュリティ」について卒業研究を行っています。IoT技術の普及で、家庭内の電化製品を遠隔操作できるようになっていますが、セキュリティ対策はかなりぜい弱なので、ウイルスなどからの攻撃を阻止する研究をしています。

PAGE TOP