沖田 明莉
沖田 明莉 Okita Akari

株式会社箱根ホスピタリティ 内定

健康医療科学部管理栄養学科 4年

茨城県立緑岡高等学校出身

管理栄養士の資格を活かし シェフとして健康的な食を提供したい

スポーツ栄養に興味をもつ

高校で陸上部のマネージャーを務める中で、選手の栄養面もサポートしたいと思うようになり、偶然目にした神奈川工科大学のパンフレットに「+α資格取得プロジェクト」にスポーツ栄養分野があることを知り、勉強してみたいと思いました。幼い頃から「食」について興味があったので、管理栄養学科に進学しました。

日本人と外国人で「米の感じ方に違いはあるのか」を研究中

現在、栄養教育研究室に所属し、卒業研究では「日本人と外国人の4種類の米に対する感じ方の違い」というテーマで行っています。4種類の米のうち1種類だけ米の感じ方が正反対だったことは興味深かったです。学生が主体となって研究を進めることができ、成長できたと思います。研究室での学びは社会に出てからの糧になると感じています。

幅広く経験できるホテル業界を目指す

臨地実習先で調理師の方にお会いし、幼少期からの「フレンチのシェフになりたい」という夢が再燃。様々な種類の料理を多方面から学べるホテル業界に勤めたいと思い、ハイアットリージェンシーのインターンシップに参加。ハイクラスなフレンチを目の当たりにし、このような調理技術を身につけたいと思い、系列の箱根ホスピタリティに内定しました。管理栄養士の資格を活かし、健康的で多種な料理を提供していきたいです。

Side Story

1年次からネイティブの先生と英会話ができる学内施設「イングリッシュラウンジ」を利用していました。留学生の友人もできて日常会話ができるようになりました。

Feature

「スポーツ栄養プロジェクト」では、本学の野球部員の1週間の食事を調査・分析し、さらに評価して部員にフィードバックしました。また、授業でスポーツ栄養士の先生にアドバイスを受けられたことも、とても貴重な経験でした。

PAGE TOP