江藤 有彩
江藤 有彩 Eto Arisa

株式会社アマダ 内定

東京証券取引所第一部上場

創造工学部ロボット・メカトロニクス学科 4年

東京都 品川女子学院高等部出身

金属加工機械メーカーの技術者として ものづくりを通し、人々の生活を支えたい

医療ロボットからロボットに関心をもつ

幼い頃からものづくりに興味があり、小学校高学年の時にテレビの医療ドキュメンタリーで、遠隔操作での手術シーンに医療ロボットが使われていることを知り、ロボットに関心を抱くようになりました。高校の先生の勧めもあり、機械加工・電気工作・プログラミング・システム統合など幅広く学べるロボット・メカトロニクス学科に進学しました。

他大学の学生たちと共同で行ったシステム開発で視野が広がる

2年次後期に「産学連携技術開発プロジェクト」に参画。留学生も含めた他大学の学生と共同で開発を進めました。介護施設の現場を訪問し、データ収集システムの開発に取り組み、常に人手不足がちな介護提供者側にアプローチしてプロトタイプを作成。中国の留学生がいたので、コミュニケーション能力もつきました。また、他大学の学生から、想像もしなかったアイデアを提案され、視野が広がり、提案力や、協調性がつきました。

ものづくり全体を支える工作機器業界に注目しチャレンジ

就職活動当初は、あらゆる業界を調べていましたが、最終的に、ものづくり全体を根底から支える工作機器業界を考えました。中でも金属加工機械メーカーのアマダは、IoTの活用や新素材の製品加工の検討といった新分野にも積極的に挑戦する企業理念に惹かれ志望。ソフト開発部門で内定をいただきました。ものづくりを通して、人々の生活を支える仕事にチャレンジしていきたいです。

Side Story

ハワイが好きで何度か家族旅行で訪れています。海はもちろん、空の美しさに魅了されます。社会人になってもまた家族で行きたいです。

Feature

余裕度と車載ナビゲーションに関する卒業研究を進めています。情報処理の余裕容量を「余裕度」とし、研究室では、これを定量化することに取り組んでいます。私は、さらに予測できるのか、先を見抜けるのか、という研究に着手しています。

PAGE TOP