川野 友花

株式会社NSD 内定
東京証券取引所第一部上場
情報学部情報工学科 4年
神奈川県立横浜平沼高等学校出身

カリキュラムや施設に惹かれて進学
勉強や研究したいことができた大学生活

ごく自然に情報系の道を選択

幼稚園児の頃から家にあったパソコンで遊んでいたせいか、「パソコンは楽しいもの」という印象が強かったこともあり、大学受験時に進路を考え、調べていくうちに自然に情報系を選択しました。他大学も合格していましたが、実際に大学を見学して神奈川工科大学のカリキュラムが最適だと確信。施設が充実している環境にも惹かれて進学しました。

学ぶうちにSEをめざすように

「C言語」や「JAVA言語」など苦労した科目もありましたが、プログラムが動いたときはとても嬉しく「システムエンジニアになりたい!」と思うように。卒業研究はスマートフォンのアプリ開発をしている研究室で「iBeaconを用いた展示物評価アプリ」を開発中です。iBeaconの活用により、建物内で位置情報を把握し、詳細情報を提示できます。

資格取得など色々なことにチャレンジしたい

SEをめざして就職活動をスタートし、様々な企業の中から大学にも求人情報があったIT企業のNSDからSEとして内定をいただきました。今後「応用情報技術者」の資格取得にチャレンジしたり、コミュニケーション力能力をより高めて社会人になる準備をしたいです。

飲食店のアルバイト経験から、自分の立ち位置を確認し、他のスタッフと連携して役割を果たせるようになったと思います。コミュニケーション能力も高められ、敬語の使い方も上手になったと感じています。
ミサンガを作ることが趣味です。小学生の時に初めて作ってプレゼントをしたら喜んでもらえた思い出があります。