西村 友汰

凸版印刷株式会社 内定
東京証券取引所第一部上場
大学院応用化学・バイオサイエンス専攻博士前期課程 2年
(応用バイオ科学科 卒業)
長野県諏訪清陵高等学校出身

人生のターニングポイントとなった大学生活
何事にも本気で挑戦!

医療分野からバイオ科学に興味を

父が臨床検査技師だったこともあり医療分野に携わりたいと考えるように。その後たびたび耳にし、世の中で話題となったバイオ技術に興味をもつようになりました。「生命の根本を学びたい」と、神奈川工科大学の応用バイオ科学科に進学しました。

先生との出会いから人生が変わった

大学受験がきっかけで、一つの分野にとらわれず広い視野をもちたいと考えるようになりました。もっと成長しなければといけないと奮い立ったのは、学生と真摯に向き合ってくれる研究室の先生と出会ったから。研究はもちろん、人としての生き方まできちんと導いてくれたお陰で自分を見つめ直し、とても大きく成長することができたと感じています。

次世代商品の開発などにチャレンジしたい

バイオチップやマグネシウム空気電池など、凸版印刷の幅広い事業展開に好奇心が刺激され、分野の垣根を越えた挑戦をしたいと強く感じ、技術総合職で受けて内定をいただきました。「科学技術は人々の生活を豊かにする」という思いから次世代商品を生み出す開発や技術企画にチャレンジし、お世話になった母校、恩師、家族に恩返ししたいです。

大学院では生命活動を分子レベルで解明しています。細胞内でタンパク質の品質管理を行うシャペロニンのタンパク質フォールディング機構解明をめざし、研究を行っています。
ドイツ製、スイス製のペンなど文具にこだわりがあり、文具知識能力検定の資格をもっています。