及川 竜之介

日本電産トーソク株式会社 内定
工学部機械工学科 4年
埼玉県立朝霞高等学校出身

大学は巡り会いの場所
様々な人と出会い、将来の知見も数多く学べた

設計職をめざして大学進学

将来の目標は漠然としていましたが、ものづくりをする仕事に就きたかったのと、バイクに乗っていたこともあり、機械系の大学で設計職をめざそうと考えました。いくつかの大学を見学し神奈川工科大学の「JABEEコース」を知り挑戦してみたいと思い進学。入学時から努力し、2年次よりグローバルエンジニアコース※で学びました。
※グローバルエンジニアコース:JABEE(日本技術者教育認定機構)の認定コース。国際水準の工学教育プログラムとしての認定を受けたコース。

授業を通して将来のビジョンが見えるように

四力学※を学んだり、1年次の「機械製図ユニット」の授業で図面を描くようになって設計職のビジョンが見えるように。3年次の「機械設計製図ユニット」では強度の計算などをしてから設計図を描く授業で、詳しく図面を製作できるようになりました。卒業研究では「小型チェーン駆動モジュール」を製作中で、小型で高精度のものをめざしています。
※四力学:機械工学では機械力学、材料力学、流体力学、熱力学を指す。

大学での学びを活かせる設計職を希望

4年次に大学で開催された合同企業説明会で計測装置と自動車部品メーカーの日本電産トーソクと出会いました。説明会で社内見学があったため参加。見学をして自分が社会人として働いている姿が想像できたので入社を決めました。学んだ知見を活かせる設計職を希望しています。

友だちをつくりたかったので1年次から天文部に入部。泊まりがけの天体観測や学内観測を行いました。部長として自ら発信していく力をつけ、リーダーシップを発揮できるようになったと思っています。
大学で入部した天文部。数々の天体観測で特に印象に残っているのは「アンドロメダ銀河」です。