遠藤 純太

鹿島建設株式会社 内定
東京証券取引所第一部上場/名古屋証券取引所第一部上場
工学部機械工学科 4年
神奈川県 横浜市立南高等学校出身

建物建設はダイナミックなものづくり
将来、大きなプロジェクトに携わりたい

野球が継続できる理工系大学を選択

小学生から始めた野球を大学でも続けたいと思い、理工系の大学を探していたところ、父の友人で神奈川工科大学の野球部の元監督だった方から、「硬式野球部は1部リーグで就職率もいい」と勧められ受験。
 入試成績が良かったのでスカラシップ制度が適用され、その後も基準の成績を収めたため4年間給費を受けることができました。

専門的知識を仕事で活かしたい

2年次の「熱力学」で、身近な事象を物理的な視点でとらえられるようになって、このような専門的な知識を活かした仕事に就きたいと思うように。現在、「太陽熱利用による複合発電システムの高効率化に関する研究」に取り組み、太陽光発電用のパネルが温度上昇により電気変換効率が低下するのを抑える方法を模索しています。

文武両道で努力してきた点をアピール

鹿島建設に就職した野球部の先輩から話を聞き、大学内の建設工事の様子も見ていたこともあり、自分の携わった仕事が目に見える建設物として残る職業に魅力を感じて挑戦。建築設備系で内定しました。面接では勉強も部活動も精一杯努力し、両立できた点をアピールしました。

野球部での練習時間を考慮して、1年次から寮に入りました。全員が野球部員なので、寮生活はかなり充実していました。部活動や寮生活を経験し、自分で考えて行動ができるように成長できたと思います。
守備は4年間、投手でした。練習でも使っていたグローブには「自信」と刺繍が入っています。