臨床ME専門認定士取得を目標に
勉強を積み重ね、専門性の高いスペシャリスト技士へ

岩田 佳樹 Iwata Yoshiki

東海大学医学部付属病院 内定

工学部臨床工学科 4年

工学部臨床工学科は、
2020年度に健康医療科学部のもとに再編します。

神奈川県立城山高等学校出身

  • 看護師の母から教わった臨床工学技士の仕事

    大学病院で看護師をしている母の存在もあり、医療系に進んで、人の役に立つ仕事に就こうと思っていました。母が「臨床工学技士は、一緒に仕事をしていてとても頼りになる存在」と言っていたこともあり、その仕事に興味をもち、臨床工学技士を目指せる大学へ進学しようと、自宅から近い神奈川工科大学の臨床工学科を選択しました。

  • ライフサポートに関する卒業研究で社会貢献を

    卒業研究は「皮膚接触を利用したコミュニケーション補助ツールに関する研究」を行いました。送信者と受信者に分かれて、送信者は感情表現(喜び、怒り、悲しみ、嫌悪、驚き、恐れの6つ)をし、受信者はどの感情が送られてきたかを判断し、感情伝達がどの程度行われるか、定量的に明らかにしました。医療だけでなく、福祉分野での社会貢献が可能なライフサポートに関する研究ができてとても有意義でした。

  • 社会に出ても日々勉強を重ねていきたい

    高い医療技術の習得など、自分の成長のためにも大学病院を目指すことにして、東海大学医学部付属病院に内定しました。医療技術職員として、臨床工学技術部に配属予定です。在学中に第1種ME技術者の資格を取ったので、2年間勤務すると臨床ME専門認定士が取得できます。日々勉強を重ねて、この他の認定士取得にも挑戦し、専門性の高いスペシャリストの技士を目指していきたいです。

Side Story

中学・高校と野球を続けていました。
スポーツを通して学んだことはたくさんあります。

Feature

「臨床実習」は、県内の総合病院で行いました。透析室、手術室、病棟の3部門を回り、手術室が印象深いです。手術では、医師をはじめ様々な職種の人たちが「一人の患者さんの命を救う」という特殊性があり、連携の大切さやコミュニケーションの重要性を学びました。

PAGE TOP