見ていて楽しく幸せな気持ちを届けられる
映像クリエイターになりたい

長野 幸 Nagano Sachi

株式会社HOTZIPANG 内定

情報学部情報メディア学科 4年

福岡県 福岡女学院高等学校出身

  • CG系のカリキュラムに興味をもち進学

    幼い頃から絵を描いたりするのが好きで、中学・高校とバトン・カラーガード部だったので、創り上げたパフォーマンスを披露することも大好き。人の生活が楽しくなるようなものづくりに携わりたいと思っていました。姉が大学進学する際に目にした神奈川工科大学情報メディア学科のパンフレットで、カリキュラムにCG系の授業があることを知り、興味をもったことがきっかけでオープンキャンパスに参加し、進学を決めました。

  • 自主映画の制作は仕事にしたいと思えた経験

    3年次の「情報メディア専門ユニット」で、短編の自主映画を制作。脚本から出演、撮影、編集、音楽まで、チーム4名で取り組み、スタッフロールに名前が載り、大きな達成感を得ました。私は主に映像ソフトを駆使して編集を担当。試行錯誤しながら、仲間と一つの作品を作り上げる経験を通し、このような仕事に就きたいと感じた授業でもありました。

  • 映像系企業に内定。人を幸せにしたい

    映像系企業を中心に就職活動を行い、アニメからCM・MVまで幅広くクリエイティブ活動を行っているHOTZIPANGのアシスタント映像プロデューサーとして内定。この会社の作品がどれも素敵で、見ていて楽しい気持ちになったので、私もそういった作品を作りたいと強く思っています。自分の名前の由来「人を幸せにする」ことを作品で実現したいです。

Side Story

中学から高校までバトン部に所属していました。高校卒業時に後輩から寄せ書きが贈られ、とても嬉しかったことを覚えています。

Feature

映像メディア表現研究室に所属し、制作系卒業研究として、ミュージックビデオ制作をしています。バンド活動をしている学生に楽曲提供と出演を依頼。形にしていく難しさや楽しさを実感。プロデュースしてディレクションもできるクリエイターを目指したいです。

PAGE TOP