IT企業で開発全体に携われる
フルスタッフエンジニアを目指したい

大野 大樹 Ono Taiki

株式会社三越伊勢丹システム・ソリューションズ 内定

情報学部情報メディア学科 4年

神奈川県立商工高等学校出身

  • プログラミングの勉強をしようと情報系を選択

    幼少期から工作が好きで、ものづくりに興味がありました。小学生の頃から始めたゲームに夢中になり、ゲームを作る仕事に就きたいと思っていました。高校では工業科に進み、プログラミングの授業があり、もっと知識を深めたいと情報系の大学を探す中で、神奈川工科大学情報メディア学科のゲームクリエイター特訓に惹かれ進学しました。

  • 「人を楽しませる」仕事がしたいと気づく

    3年次のゲームクリエイター特訓を経て、ものづくりの楽しさを認識すると同時に、それを仕事にする難しさに直面。その年に開催された「東京ゲームショウ」に自分で作ったゲームを出展し、笑顔でゲームを楽しんでくれている人を見て、私は「人を楽しませる」仕事がしたいのだと気づきました。この経験が他の分野へも視野を広げるきっかけになりました。

  • エンターテイメント性を併せもつIT企業に内定

    百貨店をITの面でサポートし、最高の顧客体験を提供するというIT企業でありながらエンターテイメント性を併せもつ会社のビジョンに惹かれ、三越伊勢丹システム・ソリューションズを志望。選考過程で先輩社員と交流を図る機会があり、その方々を通して働きやすい雰囲気が感じられ「ここで働きたい」という思いが強くなったので、総合職のシステムエンジニアとして内定をいただき嬉しかったです。幅広い知識や技術を習得し、開発全体に携われるフルスタッフエンジニアを目指したいです。

Side Story

入学時に購入したノートPCは、初めて自分専用として持てたことが嬉しかったです。レポート作成からゲーム作成まで行いました。

Feature

大学の講義を通して、ITの便利さの中に、面白さや楽しさを付与できる可能性があることを学びました。また、コンピュータグラフィックス、CGデザイン系の授業が多く、CG-ARTS協会が実施する4種類の検定試験に合格する知識や技術を身につけることができました。

PAGE TOP