ネットワークセキュリティ分野のエンジニアとして
世の中に役立つ仕事をしたい

近藤 剣太郎 Kondo Kentaro

三菱電機インフォメーション
ネットワーク株式会社内定

情報学部情報ネットワーク・コミュニケーション学科 4年

岡山県 明誠学院高等学校出身

  • PCの脆弱性からセキュリティに興味をもつ

    小学生の頃から、動画をつくったり、気になることを調べたりするなど、パソコン(PC)に馴染んでいたので、簡単なプログラミングやホームページ制作を独学で習得しました。中学校の授業でPCを扱うようになり、脆弱性を感じてセキュリティに興味をもつようになりました。大学進学時に、神奈川工科大学のコンピュータウイルス対策研究室に目が留まり、「ここで専門的な知識や技術を学びたい」と思い、進学を決めました。

  • ボランティア活動で目指す分野を確信

    入学後、防犯ボランティアサークル「KAIT BLUE」に所属し、神奈川県警と共同でサイバーセキュリティ対策に取り組み、警察庁や県警本部、県知事などから連続でサークルが感謝状をもらいました。この経験を通して、将来はネットワークセキュリティ分野の仕事で貢献したい。と確信できました。

  • 企業理念に惹かれた内定企業で社会貢献したい

    3年次に何社かのインターンシップに参加。その中の三菱電機インフォメーションネットワークは、世界規模の三菱の一員として「企業利益のためではなく、お客様優先」という企業理念を掲げており、それに共感したので挑戦し内定をいただきました。セキュリティ系研究室で得た知識や技術を活かし、ネットワークセキュリティ分野で自らの技術を磨き続け、世の中の役に立つ仕事がしたいです。

Side Story

「LoRaを用いたIoTサービスのテストベッド構築」について卒業研究を行っています。未知の攻撃に対して有効なシステムを開発したいです。

Feature

3年次の春休みに、「シスコシステムズ認定資格取得支援講座」を受け、ネットワーク技術者にとって不可欠なシスコシステムズ社の資格を取得しました。小規模LAN構築の基礎知識やネットワーク機器の認定方法を学び、CCENTの資格を取りました。

CCENT:基本的なネットワークセキュリティを含め、小規模なエンタープライズブランチネットワークの導入、運用、およびトラブルシューティングを行う知識と技能が要求される。

PAGE TOP