子供心に感じた「不思議」から発展
「菌」を生かした機能性食品へ関心

小川 彩可 Ogawa Ayaka

森永乳業株式会社 内定

東京証券取引所第一部上場

応用バイオ科学部応用バイオ科学科 4年

茨城県立水戸第三高等学校出身

  • 機能性食品への興味は幼い頃の経験が原点

    幼い頃、祖母の家で蚊に刺されると庭のアロエを塗ってもらい、口内炎になるとはちみつをなめるように言われたりと、薬ではないもので治ることを子供心に「不思議だ」と感じていました。このような経験から機能性食品に興味を感じ、生体内のことや栄養について学べる応用バイオ科学科へ進学。休学せずに半年間の海外留学ができるプログラムも魅力でした。

  • 念願の海外留学は貴重な経験

    海外バイオ研修で、1年次の春休みの1ヵ月間、シアトルで英語研修とバイオ研修に参加。海外留学プログラムの海外バイオ研修Ⅱでは3年次の9月上旬~翌年3月下旬までの半年間サウスシアトル・カレッジに留学。授業は現地学生と一緒で大変でしたが、充実した日々で貴重な経験でした。道路や車、風景、食べ物等もビッグで、日本とのスケールの差を実感しました。授業では自分の考えなどを発言するよう先生から促されるため、自主性が身につきました。

  • 食品メーカーの中でも乳業メーカーに惹かれる

    就職活動は、食品メーカーに絞り、特に乳業メーカーを中心に行いました。乳製品が好きな上に、菌を生かした商品を取り扱い、長い歴史のある森永乳業に惹かれ挑戦しました。Uターンも意識していたので、地域型総合職で内定をいただきました。海外の機器類が多いので留学で培った英語力を活かせそうです。基本を忠実に仕事に取り組み、立派な社会人になりたいです。

Side Story

学内のイングリッシュラウンジを利用して英語力をつけて3年次に半年間、海外バイオ研修に参加した想い出のパスポートです。

Feature

最近、ニキビの発生メカニズムが解明され、アクネ菌が分泌するリパーゼという酵素が原因と言われています。卒業研究では、この酵素の働きを阻害する物質を探し出し、ニキビの薬を作りたいと思っています。

PAGE TOP