「自動車開発プロジェクト」で得た知識
地元の車載機器メーカーで活かしたい

谷藤 正健 Tanifuji Shoken

アルパイン株式会社 内定

東京証券取引所第一部上場

創造工学部自動車システム開発工学科 4年

福島県立磐城桜が丘高等学校出身

  • 自動車開発の一連が学べる学科に進学

    小学生から図工や技術が得意で、ものづくりに興味がありました。工場勤務だった父の影響を受けたため、将来は工学系に進んで、身体を動かしながら働くというイメージをもっていました。自動車システム開発工学科というインパクトのある学科名に惹かれ、調べると自動車開発の一連が学べると知り、進学しました。

  • 1年がかりで車両を製作。完走し大満足

    一番印象深い授業は3年次の「自動車開発プロジェクトⅠ・Ⅱ」です。人が乗れる車両をチームで1年がかりで設計・製作します。私たちのチームは「スッと加速、ピタッと止まり、クルッとコーナリング」できる車両に挑戦し、サスペンションを担当しました。授業の最後の「走行会」では、私たちの車両だけが完走することができ、達成感でいっぱいになりました。

  • 自動車関連企業に内定。将来は海外勤務もしたい

    福島へのUターン就職を目指し、就職活動をしました。アルパインは幼い頃から知っていた車載機器メーカーだったので、技術系の総合職で内定したときは非常に嬉しかったです。大学での学びを活かした機構設計を希望しています。英語が必須の会社なので、コツコツと勉強を重ね、将来は海外勤務も経験してみたいです。

Side Story

大学の野球サークルや地元のソフトボールチームに所属しているので、高校時代から使っているグローブはまだ活躍中です。

Feature

卒業研究は、ロボットカーをスタートからゴールまで、障害物を避けながら走行するナビゲーションシステムの開発を行っています。新しい研究室で活気があります。学生が中心となって意見を出し合いながら活動しています。

PAGE TOP