機械工学科

学科概要

機械工学科は、工学部の中で伝統的な学科の一つです。ほとんどの国立大学の工学部に設置されており、私立大学の工学部においても同様です。機械工学系の学科が多いのは、企業からの採用希望が多い学科系統ということでしょう。どの大学においても機械工学の基本となる科目をしっかりと身につけることになります。神奈川工科大学における特徴としては一つは、モノづくりの中で、考える力、実行する力、持続力、忍耐力、そしてPDCAサイクルを回す力など、さまざまな力を育成していく教育プログラムを持っていること、そして二つ目は、私立大学としては珍しい、3年次からの卒業研究、2年間の卒業研究を行っていることです。

卒業生の先輩から一言

長島 巧
大学院工学研究科機械工学専攻博士前期課程
2011年3月修了
勤務先:セイコーエプソン株式会社

講義や実験、設計などエンジニアとしての総合力がつくのではないかと神奈川工科大学を選択しました。3年次から「熱エネルギー」の研究に挑み始め、さらに大学院へ進んで研究を継続しました。勉強であれ、部活動であれ、大学時代に自己成長を遂げた経験は、社会人になって仕事に取り組む姿勢につながっていきます。私は学業に打ち込み、研究に専念する過程で、きちんと目標を立て、計画して実現させたことは非常に大きかったと感じています。