トップページ > オープンキャンパス > メールマガジン > KAITキャンパス情報【2018年5月10日】

KAITキャンパス情報

学生広報チーム APECKインタビュー

神奈川工科大学では、部活動を応援するクラブ情報マガジン『KAIT Express』を年に4回発行しています。企画・制作・発行を担当しているのは「学生広報チーム APECK」。今回は同チーム代表の庄司さん(創造工学部 ホームエレクトロニクス開発学科3年)に、APECKの活動内容や2018年春号の見所などについてお聞きしました。


<簡単な自己紹介をお願いします>
APECKの代表を務めている、庄司直紘(しょうじ なおひろ) 創造工学部ホームエレクトロニクス開発学科3年です。神奈川県鎌倉市出身で、美味しいものを食べたり、知らない土地に行ってみてぶらぶら歩いたりするのが好きです。

<KAIT Express』、そして「学生広報チームAPECK」とは?>
「学生広報チームAPECK」は、平成19年度に「部活動を応援しよう」という目的で発足しました。主な活動としてクラブ情報マガジン『KAIT Express』を企画、制作し、年4回(1月、4月、7月、10月)発行しています。


『KAIT Express』では、主に本学の部活動の活動結果や、いくつかの部活動に焦点を当てた特集記事を掲載しています。それ以外にも、読者の方に楽しんでいただけるように、学内の様々な場所に注目した特集記事を掲載してます。




*『KAIT Express』はWebからもダウンロードできます。
http://www.kait-express.jp/kaitexpress/download.html

<2018年春号の見所を教えてください>
今号は新入生全員に配るため、新入生を意識して制作に取り組みました。

具体的には、新入生の皆さんに様々な部活動に興味を持ってもらえるよう、各部の紹介や実績を載せたり、キャンパス内で迷わないように、大学のマップページを作ったり、毎号掲載している読者プレゼントの景品も、電子辞書など新生活に役立つものを選びました。

各部活動の情報だけでなく、学内の便利な情報がたくさん掲載されていますので、そういったところにも注目して、ぜひとも参考にしていただけたらなと思います。



<『KAIT Express』を制作する上で心がけていることは?>
制作する際に部員に意識して欲しいことは、ただ淡々と記事を作るのではなく、まず自分たちが楽しんで作って欲しいということです。

『KAIT Express』は、部員一人ひとりが、企画や取材からデザインや文章まで深くページに関わります。APECKに入ったからには、全力で楽しみ、卒業した後も「面白かったな」「大学生活は充実してたな」と思えるようになればいいなと思っております。


<庄司さんがAPECKに参加して良かったと思うことは?>
今でもよく覚えているのですが、入部して初めて制作したページで、学内で1番高い建物であるK1号館の取り上げた際、普段は立ち入れない屋上に特別に入ることができました。あの時見た景色や空気感は、今でも忘れられません。

このように取材を通じて特別な場所に行けたり、普段、なかなか話が聞けない人に取材を通して会ったりできることが、APECKに参加するメリットなのだと思います。

APECKは様々な部活との繋がりがある団体なのですが、特に代表になってからは各団体の部長や代表、大学の職員の方などと関わることが増えました。ただ学内を歩いているだけでいろいろな人から声をかけてもらえるので、人気者になった気分でとても楽しいです(笑)。



<高校生へのアドバイスをお願いします>
高校生の皆さんには、ぜひともたくさん動いて、たくさん失敗して欲しいです。失敗は悪いことではありません、失敗を恐れて動かないことが一番悪いことです。

考えて行動する人も多いとは思いますが、考えてばかりだと行動力が落ちます。いくら考えても、やってみないとわからないことは、たくさんあります。なので、まずはやってみることです。そこから間違えていたところを修正していけばいいのです。

まずは自分でやってみる、全力でぶつかってみる、失敗したとしても、そこからコツを掴んだり同じミスをしないように動く。いくつもの失敗した経験から、成功はでき上がるものだと考えています。人間は無い物ねだりな生き物なので、いくら頑張っても、必ず悔いが残ってしまいます。だったら、部活でもバイトでも恋愛でも勉強でも受験でも、貪欲に取り組むべきだと思います。

<最後に次号へ向けての取組みを教えてください>
この春、29名の新入部員を迎え、次号は、創設以来最高の総勢34名で制作を行います。いきなり人数が増えたことでマネジメントは大変ですが、この経験は将来の役に立ちそうだと楽しんでやっています。

部員数が増えたことで、今までよりも制作した人のデザインや文章の言い回しなどに個性が出て、さらにバリエーション豊かになるだろうと思うと、次号の制作段階である今でも、とてもワクワクしています。

どんどん進化していく「学生広報チームAPECK」とクラブ情報マガジン『KAIT Express』を、ぜひ、よろしくお願いします!



■神奈川工科大生が贈るクラブ情報マガジン『KAIT Express』
公式サイトはコチラ↓バックナンバーのダウンロードもできます。
http://www.kait-express.jp/

>>メールマガジン登録フォームはこちら