トップページ > オープンキャンパス > メールマガジン > メールマガジン【2018 VOL.10】

MAIL MAGAZINE 神奈川工科大学

神奈川工科大学メールマガジン【2018 VOL.10】

☆こんにちは!
神奈川工科大学・企画入学課です。

12月になり、日を追うごとに寒さが厳しくなってきました。受験生のみなさんは、受験対策と同様に健康管理にも気をつけましょう。疲れを感じたら温かいものを食べて早めに休むことが大切です。

☆11月24日(土)のオープンキャンパスレポートを公開しました。
http://op.kait.jp/open_campus/mailmagazine/talk20181206.php

=【INDEX】=
■入試情報01:一般A日程入試
■入試情報02:センター方式A日程入試
■知って得する入試情報
■めざせ!次世代の研究者
┗◎スーパーサイエンス特別専攻で学ぶ
■進路選択や学科選びのヒントがいっぱい
┗◎「先輩たちのキャリアストーリー」
================

【入試情報01:一般A日程入試】
◎募集人数が一番多い入試です。
試験日は1/31(木)、2/1(金)、2/2(土)から選べる受験日自由選択制で、1回の出願で複数日出願すると、検定料が割引になります。また、1回分の検定料で第1志望学科以外の学科の選考も受けられる「志望順位制」を系統別に実施します。

試験会場は、札幌から福岡まで全国23会場。出願受付は1/4(金)より開始します。
☆詳細はコチラ↓
http://www.kait.jp/admission/university/details/generalA.html


【入試情報02:センター方式A日程入試】
平成31年度大学入試センター試験利用の入試で、本学独自の試験は実施しません。1回の登録で複数学科に出願すると、2学科目からの検定料は不要です。

出願受付は1/4(金)より開始します。
☆詳細はコチラ↓
http://www.kait.jp/admission/university/details/centerA.html


【知って得する入試情報】
本学の一般入試とセンター方式入試には、さまざまな「入試制度」「選考方法」があり、それらを上手に活用することで、合格の可能性をさらに高めることができます。

なかでも、受験生のみなさんのチャンスがひろがる制度が充実しているのが、一般A日程入試とセンター方式A日程入試です。詳しくは下記URLでご確認ください。
★「知って得する入試情報」はコチラ↓
https://www.kait.jp/admission/pdf/toku.pdf


【めざせ!次世代の研究者】
◎スーパーサイエンス特別専攻で学ぶ!
本学には、興味を持っている分野を学ぶ意欲が強く、学力の高い学生を対象に、「電気電子」「医生命科学」「ICTスペシャリスト」「次世代自動車開発」「ロボットクリエータ」「機械工学」の6分野に特別なオナーズプログラムがあります。

<対象入試とエントリー方法>
■一般A・B日程入試
■センター方式A・B・C日程入試
出願時に希望学科に加え、対応するスーパーサイエンス特別専攻をチェックすることでエントリーできます。

スーパーサイエンス特別専攻の合格者全員に、年間60万円を入学後4年間給費(継続条件有/返済不要)します。また、2つの海外研修も組み込まれています(渡航費、宿泊費、研修費の個人負担なし)。
★スーパーサイエンス特別専攻の詳細は下記URLでご確認ください↓
http://www.kait.jp/ssc/


【進路選択や学科選びのヒントがいっぱい】
◎本学公式サイトの「先輩たちのキャリアストーリー」では、夢を大学で育て、大学卒業後の就職までつなげた学生や、大学で自分の進む方向を見つけ、希望の就職を実現した学生のメッセージを紹介しています。

特に注目したいのが、先輩たちの進学理由と学科選択。本学への進学の決め手は?学科選びのポイント? 先輩たちの言葉は、きっと参考になるはずです。
http://op.kait.jp/open_campus/career/new/


■発行・編集
神奈川工科大学 企画入学課

>>メールマガジン登録フォームはこちら