先輩たちのキャリアストーリー

Message & Advice

2019年3月卒業予定学生のストーリーです。

PROFILE

小松 勇将

伊東市民病院 内定

看護学部看護学科 4年

静岡県立伊東高等学校出身

小松 勇将

看護師としてのスキルを高め
安心感を与えられる存在でありたい

  • 将来の選択肢を広げるためにも大学の看護学科を選択

    進路を決める際、高齢社会の社会背景も考慮し、看護師の資格を得て人の役に立つ仕事に就こうと考えました。専門学校ではなく大学を選んだのは、将来の選択肢が広がると思ったからです。神奈川工科大学の看護学科に一期生として入学しましたが、先生も学生も一丸となって新しい環境を切り開いていく雰囲気が良かったと思います。

  • 実習での貴重な経験はこれからの糧に

    4年次の「成人看護学実習Ⅰ(急性期)」で脳外科に配属。脳疾患のある成人男性の患者さんを担当し、3週間看護しました。初めの1週間は意識がない状態で、2週間、3週間と経過し、徐々に意識状態が改善したものの、術後の合併症のために認知機能があまりよくありませんでした。最終日に患者さんに挨拶に行ったところ「そばにいてくれて心強かった」と言われ、とても嬉しかったです。「看護師を選んで良かった」と感じた瞬間でもありました。

  • 高校時代から馴染みのある市民病院に内定

    Uターン就職を意識し、高校時代に「ナース体験」で訪れた伊東市民病院のエクスターンシップに参加。新人教育が充実していて、実技練習ができる施設もあるので、この病院なら看護師としてのスキルが身につくと考え、挑みました。患者さんに信頼され、安心感を与えられるような看護師になりたいと思っています。

SIDE STORY

実習の時や、学内で行う血圧測定などの技術演習で4年間使用してきた聴診器。実習は大変でしたが、いろいろな思い出があります。

FEATURE

大学での勉学を通し、専門的に学ぶ中で、患者さんを第一に思う考え方が身についたことが大きな収穫でした。患者さんだけでなく、同僚などの話にも耳を傾け、安心感を与え、チームワークを強めていけるような存在でありたいです。

PAGE TOP