先輩たちのキャリアストーリー

Message & Advice

2019年3月卒業予定学生のストーリーです。

PROFILE

石坂 成美

株式会社IMAGICA Lab. 内定

情報学部情報メディア学科 4年

長野県長野西高等学校出身

石坂 成美

大学での学びから映像系を目指す
誰もが知っている映像制作に携わりたい

  • 映像への興味からデジタル技術を学ぼうと選択

    高校時代に放送部に所属し、アナウンスやドラマ制作をしていたので、映像に興味をもっていたことと、漠然とパソコンを使う仕事に魅力を感じ、情報系を目指しました。神奈川工科大学の情報メディア学科はデジタル技術を幅広く学べそうだと思い選択しました。

  • 将来の方向性を決めた授業

    学科では、CGを作ったり、モデリングやデッサン、ゲームクリエーター特訓と幅広く学びましたが、それらのすべてが映像制作に不可欠であると知りました。2年次の「メディアコンテンツ制作概論」の先生は、有名なゲームのオープニング映像を制作した映像プロデューサーの方で、勉強するなかで、興味が深まり、映像編集が向いているのではないかと思うようになりました。

  • ポスプロ企業のインターンシップを経験し決意

    就職活動は、出版、印刷、デザイン、ポストプロダクションと、興味を感じた業界のインターンシップに参加。ポストプロダクション業界のイマジカラボから映像技術系クリエイティブスタッフとして内定をいただきました。インターンシップで1週間スタッフの方について、入社後の働き方や接客時の心構えなどを直に学ぶうちに「チャレンジしたい」と思い、挑戦しました。誰もが「見たことがある」と言ってくれるような映像制作に携わりたいです。

SIDE STORY

学科広報誌の制作をしています。学科の旬なニュースなどを掲載し、学園祭や新入生に向けて配布しています。

FEATURE

2年次~3年次までの期間、「ゲームクリエーター特訓」のデザインコースを受講。チーム開発は初めてなので、新鮮でした。デザインだけでなく、企画面も担当し、ストーリー制作なども学べました。

PAGE TOP