先輩たちのキャリアストーリー

Message & Advice

2018年3月卒業予定学生のストーリーです。

田中 治

株式会社NSD 内定

東京証券取引所第一部上場

情報学部情報メディア学科 4年
京都府 大谷高等学校出身

システムエンジニアとして
社会を豊かにするシステム開発に挑戦

小学生の頃から、漠然と惹かれていたIT関連の仕事

 「IT革命」と叫ばれていた頃は、まだ小学生でしたが、「ITはこれからの世界を変えていく」と直感し、漠然とIT関連の仕事に就きたいと思っていました。さらに、サウンドコンテンツに興味があったので、コンピュータで音楽制作が学びたいと思い情報メディア学科に進学しました。

社会に不可欠なシステムに必須のIT技術

 1年次の「導入ユニット」の授業では、日常の生活で、何気なく利用している銀行のATMや交通機関の改札口など、社会に欠かせないシステムにプログラミングが活用されていることを学びました。また、初めてプログラミングを行って、社会におけるIT技術の重要性を改めて認識し、「システム開発をしてみたい!」と思うようになりました。

コミュニケーション力も必要なSEに魅力

 IT企業のシステムエンジニアで就職活動を行っていく中で、SEは顧客の要望を聞き取るコミュニケーション力も必要だと知り、魅力を感じました。大学主催の合同企業説明会でNSDに出会い、内定をいただきました。社会を豊かにするシステム開発にチャレンジしてみたいです。そして、充実した教育制度があるので成長して社会貢献がしたいです。

PAGE TOP