先輩たちのキャリアストーリー

Message & Advice

2018年3月卒業予定学生のストーリーです。

有馬 誠栄哉

富士通株式会社 内定

東京証券取引所第一部上場
名古屋証券取引所第一部上場

情報学部情報工学科 4年
神奈川県立麻溝台高等学校出身

日本の最先端に位置する企業で
日々勉強を重ねて頑張りたい

最先端のIT技術を学びたい

 ものづくりが好きだったので、将来は、自分の考え方を具現化できる仕事に就きたいと思っていました。またパソコンを操作することが得意だったので、最先端のIT技術やプログラミングを学ぼうと情報工学科に進学しました。

問題の発見・解決力を身につける授業

 3年次の「情報工学応用ユニット」の授業では、グループで企画して一つのアプリケーションを制作し、ほかのグループがユーザー役になって、使い勝手などをヒアリングして確かめ、さらに改善して完成させることを行いました。この一連の過程では、問題の解決能力を身につけることも目的としていて、社会に出たときの仕事の流れをつかめたように感じました。

目標は世界を変えられるパイオニア

 就職活動はIT業界の中でも、顧客の要望する情報システムを構築するシステムインテグレーションサービス業を中心に行い、富士通から内定をいただきました。日本の最先端に位置する企業なので、自分自身も飛躍的に成長できるのではないかと思いました。変化の激しいIT業界で、世界を変えることができるようなパイオニアになれるよう、勉強を重ねて努力し、頑張っていきたいです。

PAGE TOP