先輩たちのキャリアストーリー

Message & Advice

2018年3月卒業予定学生のストーリーです。

柳澤 真緒

日穀製粉株式会社 内定

応用バイオ科学部栄養生命科学科 4年
長野県長野西高等学校出身

食を通じ、健康寿命の延伸に貢献
商品開発を希望し実現をめざす

食関係の仕事に就ける勉強がしたい

 食べることが好きだったので、「食関係の仕事に就きたい」と考えていました。高校では生物が好きで、バイオ系の勉強にも興味がありましたが、工科系の大学で食関連の勉強ができる事と、設備が充実している点に惹かれて神奈川工科大学の栄養生命科学科へ進学しました。

給食を100食作る印象的な実習

 2年次の「給食経営管理実習」の授業は、とても印象に残っています。私たちの班は「洋食・肉料理」の課題が与えられ約100食分作りました。まず誰が何を担当して作るのかという「作業工程表」を作成しますが、この表がしっかりしていないと、当日の作業が時間通りに進まないので、一番大変でした。さらにチーム作業なので連携も重要となり、よい経験になりました。

食品メーカーを軸にUターン就職を実現

 就職活動の軸は、食品メーカーであること、そして開発に携わりたいと考えていました。さらに、「長野に戻りたい」と思うようになり、地元の食品会社で開発の仕事ができる可能性のある企業を探しました。粘り強く取り組める点をアピールし、日穀製粉の総合職で内定をいただきました。食を通じ、健康寿命の延伸に貢献していきたいです。

PAGE TOP