先輩たちのキャリアストーリー

Message & Advice

2019年3月卒業予定学生のストーリーです。

PROFILE

菅沼 優一

株式会社グリーンハウス 内定

応用バイオ科学部栄養生命科学科 4年

静岡県立伊東高等学校出身

菅沼 優一

小学生の時から関心の強い「食」を究め
給食業界で「管理栄養士」として活躍したい

  • 小学生の時から食事に関心をもつ

    小学生から食事の支度を手伝ったり、食品の裏の成分表を確認することが好きでした。中学時代はサッカー部に所属。コーチから「食事は大切だ」と言われ、食事に興味をもち、運動と栄養について考えるような仕事に就きたいと思いました。神奈川工科大学の栄養生命科学科は、管理栄養士養成施設の設備が充実していたので、進学を決めました。

  • 専門性の高い管理栄養士を目指し+αの資格に挑戦

    専門性を高めようと「臨床栄養プロジェクト」と「食育プロジェクト」に参加し、高齢者施設と保育園で3日間の実習をしました。保育園実習では、「給食のお兄ちゃん」と呼ばれ、素直に喜んでくれる園児に接し、楽しくやりがいを感じました。これらを受講すると、大学独自の「+α認定資格」の臨床栄養コーディネーター、食教育実践コーディネーターの認定資格が取得できるのも魅力の一つです。

  • 給食業界で責任ある業務を任されるようになりたい

    就職活動は給食業界を中心に、必ずインターンシップに参加しました。内定したグリーンハウスのインターンシップでは、「高齢者施設の献立を考える」というグループワークでした。社員の方に分かりやすく対応していただき、「ここで働きたい」と思うようになって挑戦しました。将来は、管理栄養士として責任ある業務を任されるようになりたいです。

SIDE STORY

文字にすることで覚えると思うので、2年次から国試対策として重要項目をノートにまとめています。

FEATURE

「臨地実習」では、厳しい面も体験しました。病院実習では、誤配膳は命に関わることで、患者さんの体調変化は速いため、即対応する必要があり、とても緊張しましたが、よい勉強になりました。

PAGE TOP