先輩たちのキャリアストーリー

Message & Advice

2018年3月卒業予定学生のストーリーです。

前田 理帆グミラール

日本ケミコン株式会社 内定

東京証券取引所第一部上場

大学院応用化学・バイオサイエンス専攻 博士前期課程 2年
(応用バイオ科学部応用バイオ科学科卒業)
青森県立青森南高等学校出身

異分野の電子部品業界で
新しい成果に挑戦

高校の生物で細胞の働きに興味をもつ

 高校のとき生物で、目に見えないほどの小さな細胞の中で、さまざまな化学反応が起こり、生物が成り立っていることを学び、非常に興味をもちました。予備校の先生から勧められた神奈川工科大学は、実験設備が整っていて、1年次から実験できることなどに惹かれて進学しました。

人生の転機となった「生化学」の授業

 2年次の「生化学」の授業は、生物の生命現象の仕組みを化学反応で考えていくというもので、将来の人生を決めたほど転機となった授業でした。研究テーマに生化学を据え、大学院進学も視野に、学業も頑張りました。生化学の研究を通して、今まで漠然としていた思考回路が変わり、筋道を立て物事を考えられるようになりました。

バイオを学んだ視点で社会貢献がしたい

 大学に求人があった電子部品メーカーの日本ケミコンは、当初、バイオとは縁がないように感じましたが、研究室の先生が電気化学会の理事だったこともあり、電気化学とバイオの関係を知りました。世界トップシェア製品をもち高い技術力を誇る日本ケミコンで、バイオを学んだ独自の視点から電子部品分野を発展させ、社会貢献がしたいです。

PAGE TOP