先輩たちのキャリアストーリー

Message & Advice

2019年3月卒業予定学生のストーリーです。

PROFILE

赤平 巧実

デリカフーズ株式会社 内定

応用バイオ科学部応用バイオ科学科 4年

神奈川県立瀬谷高等学校出身

赤平 巧実

大学で学ぶことで目指す道が見えた
身についた技術力を活かしたい

  • 技術基盤を身につける実践的な授業に魅力を感じて進学

    生物が好きで、授業で習った植物や体内の仕組みについて興味があったので、もっと深く生物を学ぼうと生物系の大学への進学を決めました。その中でも、神奈川工科大学の応用バイオ科学科の授業と実験科目が融合した実践的な「ユニットプログラム」を通して、技術基盤が身につくことに魅力を感じ進学しました。

  • 技術力が身についた自主テーマ実験

    3年次の「応用バイオ科学実験」の自主テーマ実験で、「ビタミンEが脂肪代謝にどういう影響を及ぼすか」というグループ実験をしました。リーダーとして先生とのパイプ役のような役割を務め、皆で協力して、「脂肪代謝への効果の可能性がある」という結果が出たときは、とても嬉しく、技術力も身につき達成感でいっぱいになりました。

  • 農業と科学者の目をもった業務用加工の企業に内定

    大学で学ぶ中で、食品系の仕事に就きたいと思うようになり、食品業界とスーパーなどの小売業界を中心に就職活動を行いました。大学の合同企業説明会で出会ったデリカフーズは、野菜を仕入れて加工し外食産業などに提供する企業で、「農業と科学者の目をもつ」と銘打っている部分に魅力を感じ挑戦。総合職として内定をいただき、嬉しかったです。

SIDE STORY

高校の頃にトランプを使ったマジックを始めました。休憩の時などに研究室の皆に披露しています。

FEATURE

食品系の研究室に所属。様々な成分をカプセル化し、水に溶けにくい成分でも吸収しやすくさせます。このカプセルに体内のタンパク質等がつき悪影響を及ぼさないようにこのカプセル自体の材料、化合物を設計する卒業研究をしています。

PAGE TOP