先輩たちのキャリアストーリー

Message & Advice

2019年3月卒業予定学生のストーリーです。

PROFILE

鈴木 恭平

日産自動車株式会社 内定

東京証券取引所第一部上場

創造工学部自動車システム開発工学科 4年

岩手県 盛岡中央高等学校出身

鈴木 恭平

小学生の頃から「日産で働く」という目標
神奈川工科大学だから実現できた

  • 「日産で働く」ために神奈川工科大学に進学

    父が日産の車が好きで、3歳頃から自動車レースに連れていってもらっており、私も大の自動車好きになりました。小学生の頃から、将来は「日産に勤めたい」と考えていました。そのためにも自動車関係の勉強を大学でしたいと、岩手から神奈川工科大学のオープンキャンパスに参加。自動車システム開発工学科の施設が充実していたことや多彩な研究内容に惹かれ、進学しました。

  • ハイレベルな先端技術を学べたプロジェクト授業

    3年次の「自動車開発プロジェクト」では、先生方に、とてもハイレベルな先端技術を教えていただき、非常に印象深い授業でした。タイヤすべてにモーターをつけて、発進時は後輪を強くし、カーブでは、外側に力を加えるといった4輪制御の車を考えました。自動車として完成するには至りませんでしたが、様々な実験を通し、技術を身につけられました。

  • 学んだ知識や技能は「誰にも負けていない」と実感

    就職活動は日産自動車のみでした。昨年入社している大学の先輩から話を伺ったり、できる限り情報を集めて挑戦し、実験技能職で内定をいただいたときは本当に嬉しかったです。採用過程で、他大学の学生と一緒のグループワークがありましたが、学んだ知識や技能が「誰にも負けていない」と実感できるほど手ごたえがありました。この大学で勉強できてとても良かったと思います。

SIDE STORY

愛車は大学の先輩から譲ってもらった約30年前のスカイラインです。自分で修理して大切に乗っています。

FEATURE

自動車部に入部。レースに出るための車を作り、自ら運転してオフロードラリーに参加する活動を続けました。1年次と3年次にともに3位。優勝できる車を製作しましたが、途中で故障し、とても悔しかったです。

PAGE TOP