先輩たちのキャリアストーリー

Message & Advice

2019年3月卒業予定学生のストーリーです。

PROFILE

岡村 勇斗

日本製紙クレシア株式会社 内定

工学部応用化学科 4年

神奈川県立横須賀高等学校出身

岡村 勇斗

化学の道を究め、人の役に立ちたい
「ものづくり」と学んだ化学を活かす企業へ

  • 人の役に立つ学問分野を考え化学の道へ

    3歳違いの兄が大学進学をし、様々な話を聞く中で、大学生活をかなりイメージできました。理科の中でも特に実験が好きでしたが、大学での学びをどのように社会に活かしていくか、人の役に立てる学問を選びたいと思い、専門分野を選択。その結果、関わり方が多様で、可能性が広がる化学の道へ進もうと決意し、神奈川工科大学の応用化学科へ進学しました。

  • 実験は地道なデータの積み重ねであると1年次に学べた

    1年次の後期に全学生を対象に「Stop the CO2プログラム」という授業があり、菌に関わる実験研究を半年間行いました。週に2、3回、研究室に通って、4年生の下について手伝いをし、研究は地道にデータを積み重ね、進めていくものだということを学べたことが印象的で、それが現在の卒業研究へもつながっていったと実感しています。

  • 「ものづくり」+「化学の知識」=内定企業

    ものづくりに携わりたいという思いと、学んできた化学の知識を活かせるという二つを可能とする企業に勤めたいと就職活動を行い、日本製紙クレシアから「技術職」として内定をいただきました。品質環境管理に携わりたいという希望を出しています。様々な製品に関わり、日々勉強を重ね、技術者として成長していきたいです。

SIDE STORY

セラミックスや新素材の研究室に所属。実験は繰り返し行う作業もあるので気が緩まないように心掛けています。

FEATURE

学生に向けてキャンパスライフの支援をする「KAIT pia」に所属しています。勉強や履修科目、大学生活全般についてなど、相談に来た学生と話し合って、問題解決をしています。

PAGE TOP