先輩たちのキャリアストーリー

Message & Advice

2018年3月卒業予定学生のストーリーです。

皆川 睦

栄研化学株式会社 内定

東京証券取引所第一部上場

工学部応用化学科 4年
福島県立須賀川高等学校出身

臨床検査薬メーカーのDMRとして
人の命を守る仕事で貢献したい

化学の面白さを知った高校時代

 高校の化学の先生の教え方に引き込まれ、「化学は面白い」と熱中していて、さらに、先生のアドバイスもあって、工学部の化学科に進もうと決意しました。神奈川工科大学の応用化学科は、低学年から研究室で実験ができることや少人数で取り組める点に惹かれて進学しました。

燃料電池の発電量を上げる研究

 化学を深く学ぶとともに、プラントの仕事の基礎や材料などの力学・工学なども習得していったので、幅広い分野のものづくりに興味をもち、将来の進路も広がるように感じました。卒業研究では、燃料電池に酸素を吹きつけると発電量が上がるので、この電池の電極に新たな物質を加え酸素を吹き付けることで、さらに発電量を上げられないかと取り組んでいます。

企業訪問で知ったDMRという職業

 キャリア就職課主催の企業訪問で臨床検査薬メーカーに行き、DMR(臨床検査薬情報担当者)という職業を知りました。ハードルが高いように感じましたが、祖母が亡くなり命のはかなさに触れ、人の命を守る仕事に就きたいと、医薬品業界を希望しました。臨床検査薬の総合メーカーの栄研化学でDMRをめざし、一人でも多くの人たちに貢献していきたいです。

PAGE TOP