先輩たちのキャリアストーリー

Message & Advice

2018年3月卒業予定学生のストーリーです。

中田 悠太

富士電機株式会社 内定

東京証券取引所第一部上場
大阪証券取引所第一部上場
名古屋証券取引所第一部上場
福岡証券取引所上場

大学院電気電子工学専攻 博士前期課程 2年
(工学部電気電子情報工学科卒業)
神奈川県立大和南高等学校出身

フィールドエンジニアとして
環境を守り支えられる技術者をめざす

幅が広く、多分野で活用される電気系を選択

 将来は電気系の職業に就きたいと考えていました。また、電気系の学びは活用の幅が広く多分野で応用が利くと思いました。大学を検討している中で、ものづくりや実験を多く行う「電気電子ユニット」のカリキュラムに惹かれて、神奈川工科大学の電気電子情報工学科へ進学しました

卒研で研究の面白さに気づき、大学院に進学

 3年次後期から高電圧や放電プラズマを利用した環境改善技術の研究室に仮配属となりました。研究室では、テーマを考え、どのような実験を行うか計画し、実験結果を検討します。これらの経験から研究、実験の楽しさに気づき、大学院に進学して、研究を続けることを決意しました。国内外を含め学会発表は、同じテーマでもさまざまな手法があることを学べる有意義な機会でした。

共同研究をしている企業に内定

 大学院では、高い技術力で環境・エネルギー事業を推進している富士電機との共同研究「パルス電界によるバラスト水の殺菌」に取り組みました。富士電機の方の仕事に対する熱い姿勢に惹かれたため就職を希望し、内定をいただきました。フィールドエンジニアとして、自分の手で環境を守り支えられる技術者をめざします。

PAGE TOP